180+

北窯・興那原工房での修業を経て独立。
釉薬にさとうきびの灰を使うなど、沖縄の素材を選んでいるのもこだわりのひとつ。
「日々の暮らしで使いたくなる器」を心がけながら、作陶している。

詳細情報

窯元・工房名
180+

工房地図